フリーランス女子3人ユニット、ことり会の活動報告ブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「京都、朝あるき」の平積み☆

 

 

Amazonでは6日発売、書店は10日発売予定でしたが、

梅田のブックファーストさんや、四条烏丸の大垣書店さんなど、

早くもいくつかの店頭で平積みしていただいております。

もちろん、トークイベントの会場となる蔦屋書店さんでも!

 

色の沈み具合や手触りなど、選び抜いた紙の本。

ぜひお手に取ってご覧くださいませ。

 

なお、電子書籍化も予定しておりますので、そちらもよしなにお頼み申します。

 

 

雑誌「日本の結婚式」、発行されました!

8月20日に、雑誌「日本の結婚式」が発売されました!

ことり会の連載コラム「京都通信」では、水引体験を紹介しています。
「結子さんの婚活」を応援してきたことり会ですが、
なんと今回結子さんの婚約が決まった!ということで
結納に深く関わる水引体験となりました。
ご祝儀袋ではよく見かける水引、ですが、
それが実際にどんな風に作られているのか?というと、
全く分かっていない状態。
ですが、みっちり約2時間のワークショップを終えると、
なんとか様になる水引を完成させることができました。
こんなにも繊細な技術の上に成り立っているとはつゆ知らず。
辻ちゃんはすっかりハマって、先生の本や水引を購入し、
後日、アクセサリー作りに挑戦中。
仕事の息抜きにせっせと進めているようです。
何が出来上がるのか楽しみ♪
作業に集中すると、知らぬ間に夢中になってやっていて頭の中がスッキリ。
妙に気持ちいいんですよね。ハマる気持ちよくわかります。
詳細はぜひ本を手にとってお楽しみください!
DigiStyle京都「京味」3回目は甘納豆専門店「ぼうだい」…の取材の裏側。
ことり会が食す!
ジェイアール京都伊勢丹“京味”で見つけた京の美味♪


第3回が公開されるのは年明けですが、
一足お先にわたくし小春が、取材の裏側をレポートします♪

3回目にとりあげるのは、甘納豆専門店「ぼうだい」の渋皮栗(972円)
ようやくここを紹介することができて、本当にうれしい!
というのも、取材でこの渋皮栗のおいしさを知って以来、すっかりファンとなり、
早くいろんな人に教えたいなぁと思っていたのです。

取材では、川端二条の住宅街に位置する店舗兼工房へお邪魔して、
制作工程を伺いつつ、美味しさの秘密を探ってきました。

その内容は、来年公開されるDigiStyle京都で、ぜひ!

イラストレーターの辻ちゃんが、イラスト化するための資料として、
気になったところをまめに撮影しています。
これは栗をゆがくのを見せてもらっているところ。

店頭には、さつまいもや小豆の甘納豆が、
いろいろなパッケージ、サイズで販売されていました。
が、渋皮栗は、ジェイアール京都伊勢丹限定で販売されるので、
購入したい!という方は、京味のサイトへどうぞ〜。

渋皮のついていないタイプの甘納豆もありましたよ。

渋皮付きの栗は、蜜たっぷりでこっくりとした味わい。
無しの方は、甘さ控えめで口当たりもサクッとした感じ。
渋皮があるかないかで、全然違ったものに仕上がっているのですよ。

これはもうお好みですが、私は渋皮付きの方が好みでした!

コーヒーにも紅茶にも合うと教えてもらい、あれこれ試してみましたが、
私的には煎茶とのセットがベストで、仕事の合間のお楽しみとして
日々おいしくいただいたのでした。

こういう、ちょっとイイものって、本当心も身体も満たされる(笑)
年末年始の手土産にもお薦めですよ☆

というわけで、どうぞ年明けの更新をお楽しみに〜♪
DigiStyle京都「京味」紹介2回目はお漬物屋さん
ことり会が食す!
ジェイアール京都伊勢丹“京味”で見つけた京の美味♪


第2回が、まもなく公開されます。
今回訪れたのは、東寺のお膝元にある小さなお漬物屋さん。
「京つけもの 茎屋」さんは、素材への思い入れが強く、
もっと美味しいものを!本当においしいものを!という姿勢で
一つひとつ丁寧に手作りした京漬物を扱ってはります。

魅力的な商品がずら〜りと並ぶ中、とくに今回ピックアップしたのが……



からし胡瓜と五色浅しば!
もちろん、試食もさせていただきました☆
その感想は、辻ちゃんのイラストとともにレポートでご覧くださいませ♪



わたくし椿屋は、漬物に目がなく、冷蔵庫には常に2〜3種類がストックされています。
(残念ながら…ことり会で体験した糠床はダメになってしまったのですが)
食卓を彩る、日本人の心ですよね!

余計なものの味がしない、野菜の旨みを引き出すレシピで
くきやさんのお漬物は、安心という面からも魅力的です。
それらがどんなふうに作られているか、公開をお楽しみに。



 
「Digistyle京都」で京味レポートはじまります!
この度、3ヵ月連続企画として「Digistyle京都」サイト内にて
ジェイアール京都伊勢丹の京みやげ通販「京味」について
ことり会が見学&試食レポートすることになりました!

11月は、東山にあるちりめん山椒のお店「やよい」さん。
取材では、3人揃って工場見学も体験してきました〜。



辻ちゃんがやたらと朗らかで、小春さんはなんだか博士チックですが……
わたくし、椿屋はこの後の試食のことばかり考えて口角が下がっております(笑)

 

ぶわ〜っと風の出てくる部屋を通って、お互いコロコロで細かいゴミを取って、いざ中へ!!
工場内の様子と試食の感想は、レポートをご覧いただくとして――

実は、あまりに美味しかったので後日3人でまたランチに行ってきたのです♪



お店の奥にカフェが併設されていて、広々としたテーブルの落ち着いた空間。
いただけるのは「お茶漬け御膳」と「おじゃこパスタ」各1,390円!
予約すれば、11時までの朝メニューとして「じゃこ粥」も楽しめます。



御膳は、ごはんのお友(というか、私的はお酒のアテ)がたっぷり。
そりゃあ、昼からビールも飲んでまうってもんです☆



小春さんが頼んだパスタは、おじゃこどっさり!なのに
意外にもクリーム系の味つけ。
どうなん??と思いながらも、食べてみるとおじゃこの塩気がちょうどよく、
クリーム系パスタが大好きな小春さんも大満足。



ちなみにこれ、オイル系に変更も可能なのがうれしい!
辻ちゃんはペペロンチーノにして、半分こしてました。



ちなみに、パスタに使用しているおじゃこは、これ専用レシピなんだとか。
随所に見られるこだわりが、ほんまもんを作り出している「やよい」さん。
そのあたり、今回は辻ちゃんがしっかりレポートしてくれていますので
ぜひサイトをご覧くださいませ〜!!

「ことり会が食す!ジェイアール京都伊勢丹“京味”で見つけた京の美味♪」




辻ちゃんは、店構えもいたく気に入っておりました。
風情というか、佇まいというか。

大人の社会科見学さながら、工場にお邪魔して美味しさのヒミツを垣間見て、
さらにはちゃっかり試食もできて、それを思うまま語っていいなんて!
こんなオイシイ仕事、めったにないですよ(笑)
3ヵ月と言わず、これからもどんどんご紹介したい!!
ということで、みなさまぜひ、サイトも隅々までご覧くださいね♪
ご意見・ご感想、お待ちしております!