フリーランス女子3人ユニット、ことり会の活動報告ブログ

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< UNITE’の古本市 | main | ♪ジングルベ〜ル☆ジングルベ〜ル >>
乙女のご朱印帖「大覚寺オリジナル第1弾ー嵯峨菊ー」販売再開のお知らせ


いつもありがとうございます。
今週のブログ担当は辻です。

今日は気持ちの良い秋晴れでしたね〜。
わたくし辻は、ちょうど嵯峨菊が見頃をむかえている
旧嵯峨御所大覚寺門跡さんへ行って来ました。

大覚寺さんといえば、ことり会が制作に関わらせていただいた
オリジナルの「乙女のご朱印帖」!

こちらは
ただ今、第1弾に続き第2弾【十二単】が発売中です。
そして嬉しい事に!
先に販売を終了しました第1弾【嵯峨菊】が、
ご好評につきましてこの度!販売再開される事になりましたー!




↑参拝入口にある特設コーナー。
今なら「嵯峨菊」「十二単」の両方がお求めいただけます♪

赤い表紙が目を引く「嵯峨菊」のご朱印帖は、
ただ今阪急沿線で配布中のTOKK増刊号
でも取り上げていただいております!→

ご朱印帖は今回も数量限定の授与となっておりますので
ご希望の方はお早めにどうぞ☆


ただ一般公開中の「嵯峨菊展」(〜11月30日まで)では
まさにご朱印帖の柄のモチーフになっている嵯峨菊が
境内のあちらこちらで鑑賞する事が出来ます。





↑鉢の仕立て方や色にも春夏秋冬の意味が込められている嵯峨菊。
鮮やかな色彩と繊細な優美さを兼ね備えた姿は本当に見事です。

「嵯峨菊展」と合わせて現在公開中の展示
秋の特別名宝展「四季花鳥の美術」もおすすめです。
こちらは拝観料のチケットを購入する際、+300円で
観る事ができます。

展示物の中で強く印象に残ったのが、
大岡春朴という江戸中期の画家の「画手本鳥類画帖」。
すごかったです。鳥の絵がめちゃくちゃ巧くて格好良い。
この人の絵を観るだけでも一見の価値アリ!です。



(↑展示室の入口には大覚寺で実際に使用されている船首、
鷁首(げきしゅ)が展示されていました。中は撮影禁止ですが、
この鷁首とは記念撮影して良いそうです。(一人やったけど、
お願いして撮ってもらえば良かったー!))


そしてそして・・
今週の金曜14日からは秋の夜間特別拝観
「真紅の水鏡」が始まるという事で、
この秋もイベント盛り沢山の大覚寺さん。

皆様是非この季節も足をお運びくださいませ☆




(お天気があまりにも気持ち良くて。
大沢池のほとりでみたらし団子を食べ、
池をぐるりと一周して帰りました♪)


********************************************************
【嵯峨菊展】
 期間:〜11月30日(日)まで
 時間:9:00〜17:00(16:30受付終了)

【秋の特別名宝展「四季花鳥の美術」】
 期間:〜12月8日(月)まで
 時間:9:00〜17:00(16:30受付終了)

【真紅の水鏡】

 期間:11月14日(金)〜12月7日(日)
 時間:17:30〜20:30(20:00受付終了)昼夜入替制

※詳しくは大覚寺HP→をご覧下さい。
*********************************************************
スポンサーサイト
COMMENT