フリーランス女子3人ユニット、ことり会の活動報告ブログ

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ジェイアール京都伊勢丹の「サロン・デュ・ショコラ」本日から! | main | フリーペーパー「ことり会だよりVol.8」の設置場所一覧 >>
「サロン・デュ・ショコラ」レポートその2


みなさんおはようございます。
本日のブログ担当はわたくしです。

前回小春さんのブログに引き続きまして、今回も
ジェイアール京都伊勢丹で開催中のパリ発チョコレートの祭典、
サロン・デュ・ショコラのレポートをお届けします!

連日人気で第1弾・第2弾が終了し、今週はいよいよ最終週。
10日(水)〜第3弾が開催されています。

わたくし辻は先月小春さんと一緒に内覧会にご招待いただき、
一足お先に大人のショコラを味わってまいりました。


先のブログにもあったように、小春さんはシャンパンとともに、
私はホットコーヒーとともに大人ショコラの爛泪螢◆璽献絖
を楽しませていただいたのですが、どれも本当に美味しくて。。
(私がこの日試食した中でお気に入りだったのは、アンリ・ルルーという
フランス・ブルターニュのお店のゴマのショコラ♪)

ホント、自分が子供の時に食べていたチョコレートはなんだった
のでしょう?と思わされます。(それはそれで美味しかったのですが笑)

内覧会の一角ではチョコレートを使った立体作品の制作もされていれ、
私たちが見た時はマールブランシュのショコラグランシェフの方が
エアブラシを使ってペイントしてはりました。

その日は完成までを見られなかったのですが、先週の土曜日にもう一度
足を運んだ際に店員さんに伺ったところ、完成後5階中央エスカレーター横に
展示さていると聞いたので見に行ってきました!



お花が開く瞬間の生命力が強く表現されていて、チョコとは思えない躍動感!
(私の足が写り込んでお花人みたいになってるのすみません!)

この作品の他にも、各お店の職人さんの作品が各階のエスカレーター横に
展示されています。
サロン・デュ・ショコラへお越しの方はぜひここにも注目してみてください♪


美味しいチョコレートは色も美しい。
マットな中に艶もあり、チョコレートの色感ってとても豊かで官能的。
土や鉱物のような大地の香りや記憶を誘う感じもあるし、
イマジネーションが無限に広がる、独特で神秘的な色やなあ・・と
改めて感じました。

サロン・デュ・ショコラに集まった各名店の職人さんたちは、
そんな魅惑の実を使って珠玉の一粒を生み出す魔法使いのよう。

ぜひこの機会に魅惑のショコラをご堪能ください☆


「サロン・デュ・ショコラ」第3弾は2月10日(水)〜14日(日)まで。
最終日は午後6時終了となっています。
■ジェイアール京都伊勢丹10階=催物場




【一枚目の写真解説】
オレンジが肉厚で美味しいEprouver Ishikawa(エプルヴェ イシカワ)さんの
「パレオランジュ」。
今回小春さんに教えてもらってすっかりファンになったこちらのお店の
「テリーヌショコラ」(200点限り)を6日土曜日に買いに行ったら、
残り7個とのことでギリギリ間に合いました・・!
その時にこのパレオランジュも一緒にいただいて帰りまして、昨日のおやつに♪


 
スポンサーサイト
COMMENT